看護師 求人 転職情報 おすすめ

看護師の求人転職情報はどこで得るのがおすすめ?


看護師で転職するには、職探しはどうやってすればよい?

 
おすすめ看護師求人・転職方法は、
1.自分で探して直接応募(新聞雑誌など)
2.看護師専門求人サイトで探す
3.ハローワークで紹介してもらう
4.友人、知人のつてを活用する
5.ナースセンターを活用する
6.看護学校の先生に相談
 
一番良い転職ができるのはどの方法かではなくて、
どんな環境で働きたいのか?ということが大切だと思います。
 
まず転職する前に、
自分がなぜ転職したいか理由を明確にしておくことがおすすめです。
 
転職は、簡単に出来ますが、ここが明確にしておかないと、

また転職したいという気持ちが出てきてしまう可能性があります。
失敗しない転職をするためにも、自分が優先したい事項をきっちり確かめておくことが大事です。
 
1.自分で探し直接応募する(雑誌、新聞など)
働きたい病院が決まっているときは、
雑誌や新聞の求人欄や病院HPでの募集や張り紙をチェックしてみること。
公共施設の求人ポスターなどでも募集がかかっていることがあります。
 
■メリット
・働きたい病院なので面接時にアピールできる。
 
■デメリット
・転職先の内部情報が少ない。
・勤務環境の交渉は自分でしないといけなく、交渉しにくい。
・全て自分で転職活動をしないといけない。
 

 
2.看護師専門求人サイトで探す 
護師専門求人サイトでは、手厚いサービスが多く、
専門のキャリアコンサルタントが無料でサポートしてくれることがほとんどです。
病院との条件交渉も代わりにコンサルタントが代行してくれます。
 
また、派遣やパートなど幅広い働き方を提案してもらえる。
情報の多さとサポートの手厚さが魅力の転職サポートです。
 
■メリット
・看護師の求人が多い(非公開求人も多い)
・病院の内部情報に詳しく、先輩によりフィードバックあり。
・無料登録をするとプロのキャリアコンサルタントのサポートがある。
・希望する労働条件を出すと、自分に合った勤務先を紹介してもらえる。
・転職支度金がもらえる場合がある
 

■デメリット
・希望する転職先があるとは限らない。
・全て自分で転職活動をしないといけない。
 
おすすめ転職サポートサービスの会社一覧▼
ナースではたらこ

 

ナース人材バンク

 

ナースフル

 

看護のお仕事
 
3.ハローワークで探す
失業したらまず行くのがハローワーク(職業安定所)です。
失業保険をもらうために通う方がほとんどです。
転職情報に関してはあまり情報量は多くありません。
 
■メリット
・窓口で転職先の情報が聞けることもある。
・失業保険など手当を受ける事ができる。
 
■デメリット
・窓口の相談役の人が看護の業界に詳しいとは限らない。
・ハローワークに行かないといけないなど手続きが面倒。
・看護師の転職情報はあまりない。

 
4.ナースセンターを活用する
全国看護協会が運営している求人情報サポート
 
■メリット
・看護協会が運営だから、看護師転職専門の情報が得られる
・窓口に行くと看護師に詳しい方からアドバイスを受けれる
・研修制度がある
 
■デメリット
・直接窓口に行かないといけない
(ネットから直接求人登録もできる)
 
5.友人や知人のつてを活用する
実際に働いている人にその病院を紹介してもらう。
人が足りないことが多いので、知人や友人のつてなら、

入職しやすいです。
 
■メリット
・入職しやすい
 ・内部情報も聞ける。
 
■デメリット
・入職しやすいが辞めにくい

 

6.看護学校の先生に相談する
■メリット
自分に合っている科など的確なアドバイスをもらえる。
・実習先で働きたい病院があった場合は先生を通して紹介してもらえる可能性あり。
 
■デメリット
・あくまで相談のため、転職ができるという確約はない。
・学校の先生に転職相談の時間を確保してもらうなど相談から転職までに時間がかかる
 
仕事をしながら転職活動をする場合は、
無料で担当コンサルタントがサポートしてくれる看護師転職求人サービスがおすすめです。
 
たくさんの求人サービスの中から厳選して4~5社に登録して
現在も担当者と話し合いながら転職活動をするのがおすすめです。

 

看護師求人転職サービスは、とても便利ですが
どの会社を利用するかはよく考えた方がいいと思います。

 

おすすめの看護師求人転職サービスをご紹介します。

 

ナースではたらこ

ナース人材バンク
ナースフル
看護のお仕事
 
すべて無料登録で担当者が転職情報や転職相談を受けてくれるので、
仕事をしながらの忙しい方やひとりで転職を進めるのが不安な方にはおすすめです。