看護師転職求人比較ランキング ハローワークより求人サイト

看護師の転職面接でのコツ

看護師の転職を成功させるためには、面接がかなり重要です。
これはどんな仕事にも言えることです。
どんなに履歴書の経歴がよくても、第一印象や雰囲気、態度がよくなければ
採用はされません。
 
看護師としての経験も重要ですが、
人と関わる仕事ですから、人柄を重要視する病院がほとんどです。
 
 
 
それでは面接がうまくいくコツをいくつかご紹介します。
面接では何をみているかというと、その人のやる気です。
 
どんな会社や病院であっても、やる気のない人材は欲しくありません。
真面目で明るく仕事をがんばってくれる人を採用したいと考えているのです。

 
ですので、第一印象を大切にして、笑顔であいさつし明るくハキハキとした態度で
面接にのぞみましょう♪
 
 
 
その第一印象に関わってくるのが服装と身だしなみです。
服装はあまりに派手すぎずラフすぎず、清潔感を心がけましょう。
これを気をつけるだけでだいぶ印象も変わります。
 
次は、質問に対して自分の意見を自分の言葉で言えるかどうかも大切です。
 
聞かれる質問はだいたい決まっています。
 
前職の退職理由。

面接を受ける病院への志望動機。
看護師になったきっかけ。
夜勤などの勤務条件についての確認。
 
これらの質問は大抵聞かれるものです。
自分の意見をしっかり伝えられるよう紙に書き出して、
看護師についての自分の考えをまとめておくと何を聞かれても
軸がぶれずに答えることができるようになります。
 
 
 
注意したいのが、退職理由についてです。
例えば勤務が激務だった・人間関係が辛かったなどが実際の退職理由でも
そのまま答えてしまえばネガティブに見られ印象が良くありません。
 
印象をよくするためには、

キャリアアップのためなどとできるだけ前向きな理由を探してみましょう!
 
質問に対しての返答は、簡潔で分かりやすく答えること。
ダラダラと前置きを言わずに最初に結論から言って、説明すると効果的です。
 
もちろん面接だけですべてが決まるわけではありませんが、
人柄ややる気をアピールする唯一の機会ですし、
病院側もどんな人物かを見極めるために重要視していることを忘れてはいけません。
 
自分が希望する転職ができるように、事前準備や練習をしておくとよいでしょう。
 
おすすめ看護師転職サービスランキングはこちら>>

 

 

知っておきたい看護師面接で気をつけるポイントとは?

 

就職するためには、面接は避けては通れません。
 
せっかく仕事上の能力があっても、面接で失敗してしまう…そんなことは避けたいですね。
 
 
 
そうならないためには、いくつかおさえておくべき点があります。
  
面接で重要になることは、まあなたの人柄す。
  
相手にいい印象を与えることがかなり重要です。人の印象は会って数秒で判断されてしまうとよくいいます。第一印象を良くするためには、表情・服装・立ち振る舞いに気をつけましょう。
 
 
  
悪いイメージを与えないようにするには、清潔感のある髪型・化粧・服装を心がけ、明るい表情でハキハキと受け答えすることです。

  
面接で言ってはいけないこともあります。今まで働いていた職場の悪口はもちろん人間関係での悩みなども言わない方が良いでしょう。
 
面接を受けている本人に何か問題があるのではないか、人間関係のトラブルを起こすのではないかなどと捉えられかねません。また同じようなことがあれば、すぐに辞めてしまうのではないか。という印象を与えてしまう可能性もあります。
 
 
 
退職理由で一番良いのは、看護師としてのキャリアアップのためや家庭環境の変化 など当たり障りのない理由がよいでしょう。また、初めての面接であれこれ夜勤や待遇のことなどを細かく聞きすぎるのもあまりよい印象を与えません。
  
本来労働条件を聞く権利はもちろんあるのですが、多くの場合病院側としてはあれこれ条件を突っ込んで聞いてくる人にはあまりいい印象を与えないということがあるようです。
  
もちろんこれだけは事前に聞いておきたい事は聞くべきです。
気にしすぎて何も聞かないと、働き始めてからトラブルになるおそれがあります。
 
以上をしっかりと踏まえて転職の面接に活かしてください。
 

 
 

看護師 面接試験の服装 

面接では第一印象が大切だとお伝えしました。特に看護師のお仕事は清潔感が大切です。
 
 
 
面接官によい印象を与えるための服装や身だしなみのポイントを押さえておきましょう!
 
面接の時の服装は、オーソドックスなスーツやジャケットがオススメです。常識的なことですが、シャツにはアイロンをかけ、ジャケットなどはホコリが目立ちやすいのでその辺も気を配りましょう。
 
髪型は、すっきりとしたヘアスタイルでおでこや耳が見えるようにすると、明るく清潔感のある印象を与えます。
 
 
 
髪の色はあまり明るすぎない方が良いでしょう。
 
また靴は、5センチほどの低めのパンプスがよいでしょう。あまりヒールが高いものやピンヒールだとカツカツと音が鳴ったり、バランスを崩しやすいのであまりおすすめできません。

 
アクセサリーもできればつけない方が良いです。というのも実際に働く時にはあくせさりはをつけてはいけないため、あまり着飾って派手にする意味はありません。メイクもすっぴんや濃いメイクは印象がよくありません。ナチュラルだけどメイクしている感を上手にだしましょう!
 
 
 
きっちりとした服装で面接に臨むと自信にもつながります。だらしない格好で面接を受けても気後れしてしまう可能性も高いです。
 
看護師として清潔感を与える服装を心がけ、就職や転職の面接に臨みましょう。
 
 

面接前に知っておきたいあれこれ

看護師として転職するためには必ず面接を受けることになります。
 
病院での面接ですが、着いた時点から面接は始まっていると思って
身だしなみや立ち振る舞いを見られている可能性もあります。
また、受付や病院ですれ違った人が、面接官の可能性はゼロではありません。
身だしなみを整えるのであれば、病院に着く前に済ませましょう!
 
 
 
まず、病院の近くまで来たら携帯電話の電源は切り、
冬であればコートやマフラーを取って腕にかけて、身だしなみを整えます。
病院に着いたらまず受付で面接に訪れた旨を伝え、どこへ行けばいいのか尋ねましょう。
 
当たり前ですが遅刻は厳禁です。
交通機関を利用する場合は、事故や故障などが起きないとは言い切れません。
余裕を持って出かけましょう。

万が一遅れてしまいそうな場合には、必ず連絡してください。
 
また、早く来すぎた場合は、早すぎても迷惑がかりますので
約束の10分くらい前まで待ちましょう。
 
 
 
すれ違う人には軽く挨拶をし、自分の担当の人が来た場合には、しっかりと挨拶をしましょう。
面接の内容ばかりに頭がいきがちですが、いろいろな場面で見られていることは十分に考えられます。
看護師として恥ずかしくないような心構えで、転職の面接に臨みましょう。