看護師転職求人比較ランキング ハローワークより求人サイト

小児科;小児病棟の看護の仕事とは 実際に働いている人の口コミ

子供好きの方は、小児科の看護の仕事に興味を持たれる方も多いと思います。
 
小児科と小児病棟の違いとは?
 
小児科は小児内科のこと。
小児病棟は、基本15歳までの小児が入院する病棟です。
小児内科だけではなくて、耳鼻科・眼科・整形外科・外科などの
すべての病状の子供を受け入れる病棟の事です。

 
 
 
小児科は子供と親御さんの両方のケアが必要になるため大変ですが、魅力的な分野です。
人気の高い診療科目の一つです。

現場で働いている方の口コミ

 
病院の規模によっても違うと思いますが、
児病棟では成人のすべての診療科が集まるのでとても勉強になります。
患者が子供なので大人の患者さんに比べると、より細かなケアなどが必要です。
相手が子供なので言うことを聞いてくれないことも多く、仕事が思うように進まない時もあります。
薬を飲ませるだけで1時間かかることもざら。
寝かしつけないと行けなかったり、親御さんとの関わりも大きいです。
 
年齢や性格にもよりますが、
一度嫌われてしまうとバイタルすら測らせてくれないこともあり大変な面もあります。
言うことを聞いてもらえなかったりイラっとすることもありますが、
子供が好きであれば、その可愛さだけでやっていけます。
 
その中でも一番大変だと感じることは、親御さんとの関わりです。
ご自分のお子さんのことがとても大事なので、とても気を遣いました。
 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
  
まだ働いて間もない新人なので、日勤でも約14時間くらい働いています。
小児科は患児さん+親御さん=患者さんの複雑科と別名があるくらい大変な面も多いです。
治療中に泣き叫ぶ子供を抑えたり、泣きすぎて吐いてしまう幼児など日々のケアが大変です。
患者さんのケアが大人の患者さんとは違って気を遣います。
泣きつかれて肩にちょこんと顔を傾むけてウトウトしたまま眠って、
ベットに移動させて寝かせてあげるときはかわいく思えて、
この時ばかりは厳しい勤務でも許せてしまいます。
子供の患者さんが可愛く思えて小児科以外は、もう行きたくないと感じています。
親御さんの怒りは怖いですけれども、やりがいがあるので忙しいですが頑張っていきたいと思います。