看護師転職求人比較ランキング ハローワークより求人サイト

看護師の資格について

看護師の資格には、いくつかの種類があります。
その看護師の資格によって収入面にも差がでてきます。
レベルの高い資格を持つ看護師資格であれば高給になります。
 
 
高校の衛生看護科を卒業した場合は、国家試験を受けて准看護師の資格が取得できます。
正看護師になるためには、看護師養成所で3年間勉強と経験を積まなければいけません
 
 
 
一般的には、正看護師が看護師と呼ばれる資格です。
また、保健師、助産師、看護師のいずれかの資格を持つ人を認定看護師となり、
資格取得後の実務経験が通算5年以上あり、
さらに定められた認定看護師教育課程を修了することが条件です。
 

 
特定の専門看護分野での実務経験のある専門看護師という資格もあります。
専門分野に特化した技術や知識は、スキルアップにもつながりますし、
より求められる能力も高くなります。
 
 
自分のスキルアップを図るためにも、
このように専門看護師や認定看護師の資格を取得する人が多いです。
目標ができることで看護師のレベルが向上しますし、収入面もアップするのです。
一般の看護師の資格よりも、認定看護師や専門看護師のほうがランクが高く、
転職の際も有利になります。
 
 
ただし職場によっては専門看護師などの高レベルの資格を必要としていないところもあります。
その場合は転職を意識して、自分のキャリアやスキルに合った職場条件を探すと、
よりやりがいを持ちながら働けるでしょう。

 

看護師になるための国家試験

 
厚生労働省が認可している看護師は国家資格です。
看護師を目指すのであれば、この国家試験に合格しなければいけません。
 
 
最近は人手不足で看護師の求人は増えています
一般的な仕事に比べるとハードですが、給料はいい方です。
 
 
 
看護師になるための国家試験は
保健師助産師看護師法に基づいて実施されています。
 
 
試験を受けるsチャンスは1年に1回、毎年2月に全国11か所で実施されます。

この国家試験を受けるために、法で定められた学校で勉強しなければいけません。
 
 
看護学校や専門学校で勉強します。
学校で准看護師の資格を取得して、
病院などで3年以上経験を積むこと、
または指定の大学の卒業見込みの人のみが受験資格を持ちます。
 
 
当たり前ですが一発で合格するようにしっかり勉強しておくことが重要です。
平成24年から、試験の様式が変更になり、
4者択一から5者択一に変わり、記述式の問題も出題されるようになりました。
 
 
 
難易度は少し上がってはいますが、看護師の合格者数は全体の約9割です。

しっかり勉強しておけば、合格することができる資格です。
 
 
良い看護師になるためにはやはり経験を積むことです。
患者さんひとりひとりによって状態も違うことも多いです。
勉強と現場経験を積むことで成長することができる大変やりがいがあるお仕事です。